2021年5月4日火曜日

歌詞の感情分析

 2020年度卒業生のゼミ論文である「2020年音楽から読み取る日本の社会心情 〜流行歌の歌詞の分析〜」の内容を紹介しました。
この研究は、2000年、2010年、2020年に流行した楽曲151曲の歌詞を対象にモチーフ分析を実行し、その分析結果から日本現代社会の心情を読み解こうとしたものです。
社会意識の変化によって、流行歌のモチーフが変化することが分かったとのことです。
現代人は、「諷刺」「自嘲」「閉塞感」といった悩みの中で「希望」を求めて歌を聴いているのではないかと考察しています。

今回のゼミでは、Pythonで感情分析ツール(ML-Ask)を使って歌詞の分析をする演習も行いました。



2021年4月27日火曜日

アルゴロジック

プログラミング演習の1回目として、アルゴリズムやプログラムとは何か簡単に説明してから、アルゴロジックの実習を行いました。アルゴロジックは、ゲーム感覚でアルゴリズム学習をするものです。前進や繰り返し・条件分岐のブロックを使って、画面上のロボットを動かし旗を獲得します。
最初のほうのステージは順次処理でロボットを動かせば良いだけなので簡単ですが、後半は繰り返しや条件分岐をうまく使わないとクリアできないため、結構難しいです。
みんな楽しんでやっていたようですので、プログラミングに興味を持ってもらえたものと思います。

YouTubeコメントのテキストマイニング

 2019年度卒業生のゼミ論文である「YouTuber 東海オンエアについての考察 ~投稿動画のコメントから東海オンエアの人気を分析〜」の内容を紹介しました。
この研究では、再生回数が多い動画と少ない動画のコメントを分析することで、再生回数が多い動画の特徴を調べました。その結果、視聴者から特に注目されている動画内ポイントとして、メンバーの謎の動き、ふと出た言葉、巧みな言葉選びといったことが指摘されています。
この研究では、3000以上のコメントを1つ1つ確認して分類したため、大変な作業だったと思います。本人が好きなYouTuberだからできた研究と言えます。

今回のゼミでは、Pythonを使ってYouTube Data APIからコメントを取得して、簡単なテキストマイニングする方法も説明しました。大量のコメントでも、簡単に分析ができます。しかし、詳細な分析をするには人間がコメントを読むしかないでしょう。

2021年4月20日火曜日

卒業研究関連書籍

4年生ゼミでは、まず卒業研究に関連する書籍を分担して読んでもらいます。さらに、内容を紹介するプレゼン資料を作成して、数回にわたって順番に紹介してもらっています。今回選んだ書籍は以下の通りです。
  • 藤田真文 編著、『メディアの卒論  テーマ・方法・実際 第2版』、ミネルヴァ書房、2016年
  • 宮野公樹 著、『研究発表のためのスライドデザイン 「わかりやすいスライド」作りのルール』、講談社、2013年
  • 酒井聡樹 著、『これからレポート・卒論を書く若者のために 第2版』、共立出版、2017年
  • 土方嘉徳 著、『ソーシャルメディア論 行動データが解き明かす人間社会と心理』、サイエンス社、2020年
一冊全部であったり、一部の章のみだったりします。
最初の3冊は卒業研究の進め方やレポートなど全般に関する書籍です。『メディアの卒論  テーマ・方法・実際 第2版』は、本ゼミが対象としている分野に関する卒研テーマを含んでいる書籍です。『これからレポート・卒論を書く若者のために 第2版』は、参考文献の書き方や図・表の書き方に関する章を中心に読んでもらいます。これらのトピックは学生があまり学習してきていないようですので、卒論を書く際に役立つと思います。『研究発表のためのスライドデザイン 「わかりやすいスライド」作りのルール』は、研究発表をする際のプレゼン資料を作る際に役立つ書籍です。
最後の1冊は関連する研究分野の書籍のうち、3年生ゼミで取り上げることができなかった書籍のうち比較的新しいものを選びました。
どれも良い本ですので、ゼミ生には是非全冊読んでもらいたいです。

2020年12月17日木曜日

卒業研究発表会

 卒業研究の発表をしてもらいました。
皆さん自分で決めたテーマについて、工夫したり、努力して調査や制作をしてくれたことが良く分かりました。

タイトルは以下の通りです。
昨年度と比べるとソーシャルメディアの割合が減って、他の分野が増えてきました。
研究の詳細については、このブログで今後紹介していきたいと思います。

  • ペットボトル飲料のラベルレスと購買意欲の関係
  • フェイクニュース対策動画教材の制作
  • 飲食店のInstagramにおける宣伝効果と情報波及
  • Facebookビジネスアカウントの効果と活用法
  • ECサイトについての考察 ~デザイン面を分析~
  • 企業コラボレーションは私たちの購買意欲にどのように作用するのか
  • 2020年音楽から読み取る日本の社会心情 〜流行歌の歌詞の分析〜

2020年12月9日水曜日

ツイートのテキストマイニング

ツイートの分析を行いました。
今回は、Web上のサービスからツイートを取得して利用しました。
ツイートをはじめとするテキストデータをコンピュータで定量的に解析し、有用な情報を取り出す技術のことをテキストマイニングと言います。様々なソフトウェアがありますが、今回はKH Coderを用いました。形態素解析して、単語の使用頻度を調べたり、共起ネットワーク図を描いたりすることが簡単に行えます。投稿内容の傾向を大まかにつかむことができます。
説明後、自分がフォローしている芸能人などのTwitterアカウントを分析してもらいました。出演番組の宣伝が多いアカウントや、感謝の言葉が多いアカウントなどの特徴が分かったようです。

2020年11月25日水曜日

OpenStreetMap編集

大学周辺のOpenStreetMap編集を行いました。OpenStreetMapは、インターネット上で地図を作るクラウドソーシングプロジェクトです。Googleマップは印刷物を配布する場合などに制限がありますが、OpenStreetMapでは、印刷物の配布やデータ利用を自由に行うことができます。
大学周辺は最近お店が増えていますが、登録があまりされていないため、グループに分かれて大学周辺のお店の現地調査をしてもらった後、OpenStreetMapへの登録作業をしてもらいました。登録作業はWebブラウザで簡単に行えるため、問題なく完了しました。
本ゼミはパソコン教室での演習が中心ですが、たまに外にも出ます。
さらに、MapSwipeの演習も行ってもらいました。衛星画像を見て、建物や道路があるか確認することで、人道支援のため地図を作る下準備をするものです。スマホでできる海外支援であり、本学の学生に興味を持ってもらえると思います。