2020年7月1日水曜日

Scratchグループワーク

プログラミング演習の3つ目として、数回にわたりScratchの実習をしました。Scratchでは、マウス操作でブロックを並べるだけで簡単にプログラミングができます。
基本的な使い方を学んだあと、グループに分かれて、作品の作成をしました。例年の作品よりも、各グループでの工夫が取り入れられていたと感じました。
このうち、一つのキャプチャを載せておきます。



2020年5月21日木曜日

JavaScript(p5.js)プログラミング

JavaScriptのプログラミング演習を行いました。昨年度の3年生ゼミではMonacaを利用しましたが、今回はp5.js Web Editor上で演習しました。
まずは、p5.jsを用いてお絵描きをしました。最終的に、機械学習ライブラリml5.jsとp5.speech.jsを使って、パソコンのカメラに映った画像を認識し、音声で読み上げるプログラムを作成しました。後半は少し難易度が高かったかもしれません。
現状では、いろいろなライブラリが公開されており、それらを部品として活用することで、手軽にプログラミングができることを実感してもらえたと思います。


2020年5月13日水曜日

GlideによるWebアプリ作成

ゼミでは、毎回まず3名のゼミ生にプレゼンをしてもらっています。内容は、興味を持った最近の情報システムや情報メディアに関する出来事に関するものです。今日は、コロナウイルスによるオンライン化、人工知能、マスメディアの信頼性といった内容でした。
プレゼンの後、GlideによるWebアプリ作成の説明をして、簡単なアプリを作ってもらいました。Glideは、Googleスプレッドシートを利用して、手軽にWebアプリを開発して公開することができるサービスです。プログラミング言語を覚えなくても、例えば、観光地や店舗などの情報を紹介するアプリが簡単にできます。

 

2020年5月6日水曜日

Hour of Code

プログラミングを何回かにわたって行っていきます。
今回は1回目ですので、プログラミングとは何か簡単に説明をしてから、Hour of Codeの演習をしてもらいました。Hour of Codeとは、1時間程度で行うことができる教育用プログラミング教材です。その中の「アナと雪の女王」のコースをやってもらいました。アナにブロックで指示を出して、いろいろな図形を描かせるものです。図形を描くために角度の指定をしっかり行う必要があります。皆さん、問題なくできたようです。


2020年4月29日水曜日

3年生ゼミガイダンス

3年生ゼミのガイダンスを行いました。Zoomを使ったオンラインゼミの初回でしたが、みんなスムーズに利用ができました。
昨年度と同様に、3年1期(前期)ではプログラミングとWebデザインの演習、2期(後期)にはオープンデータとソーシャルメディア関連の演習を予定しています。オンラインのため、対面のようにはいかないかもしれませんが、ペアワークやグループワークも行っていきたいと思います。
今年から「情報システムとAI」という学科科目が開講されました。1期は、この授業に関連する演習も取り入れていきたいと思います。
2期の内容は世界教養プログラム応用科目「情報とコミュニケーション」に関連したものになっていますので、本ゼミに関心がある人はこの授業を取ってもらうと良いと思います。

2019年12月11日水曜日

RESAS

地域経済分析システムRESASを使ってもらいました。
まずは、日進市の滞在人口、名古屋市で人の集まる場所の調べ方などの説明をしました。例えば、東山動植物園は東海地方からの訪問者がほとんどですが、レゴランドは関西・関東地方からの訪問者の割合も比較的高いことが分かります。訪日外国人のエリアごとの滞在率も分かります。説明の後、オンライン講座を受講してもらいました。
RESASを利用することで、地域の課題を調べることができます。卒業研究で活用して、地域活性化のための提案などができれば良いなと思います。アイディアコンテストやアプリコンテストも開催されているので、将来的にはそれらに出せるぐらいにしたいです。


2019年11月13日水曜日

ツイートのテキストマイニング

ツイートの分析を行いました。
ツイートを収集する場合、自分でプログラミングするならTwitter APIから取得することもできますが、ゼミ全体での演習ではそこまでは行いません。今回は、Web上のサービスからツイートを取得して利用しました。
ツイートをはじめとするテキストデータをコンピュータで定量的に解析し、有用な情報を取り出す技術のことをテキストマイニングと言います。様々なソフトウェアがありますが、今回はKH Coderを用いました。形態素解析して、単語の使用頻度を調べたり、共起ネットワーク図を描いたりすることが簡単に行えます。投稿内容の傾向を大まかにつかむことができます。
説明後、自分がフォローしている芸能人などのTwitterアカウントを分析してもらいました。出演番組の宣伝が多いアカウントや、感謝の言葉が多いアカウントなどの特徴が分かったようです。